TOP
地デジのQ&A

地デジのQ&A : 地上デジタル放送

地上デジタル放送のご紹介です。

地上デジタル放送ってなぁに?

地上デジタル放送とは、放送信号をデジタル化したテレビ放送のことです。デジタル化するということは、情報を圧縮することができ、より多くの情報を一度に送ることが可能になります。また、デジタル技術では、情報の圧縮を質を落とさずにできるので、綺麗なまま多くの情報を見ることができます。

たとえば、野球の試合を観戦しているとします。野球ってよく延長とかありますよね。でも、いつも見ているドラマの時間になってしまった場合どうしていますか?ほとんどの人が、延長を見逃すか、ドラマを見逃していますよね。でも、これからは画面を切り替えると、2つの情報をひとつのテレビで見ることができちゃうんです。最大3つの情報を同時に放送できるようですよ。しかも標準画像で!それは、デジタル化があってこそ!画期的だと思いませんか?

なんでデジタル化が必要なの?

そんな疑問がでてしまうのは当然です。「だって、テレビにいろいろな機能は別にいらないもん!」っていう方も多いのではないでしょうか。そんな方にとっては、別にデジタル放送でなくても、今あるアナログ放送で十分と思われるかもしれません。でも、ただ単にデジタル放送へ移行するわけではないんですよ。それにはしっかりとした理由があります。

電波は公共の資源です。その資源にはもちろん限りがあります。今までのアナログ放送では、その限りある資源をいっぱいいっぱいに使ってしまっています。さらに、現代は携帯電話の時代。高すぎる普及率によって電波の空きに余裕がなくなってきているのです。そんな過密に使われている電波を整理するために、デジタル化する必要があります。デジタル化によってできた空きは、防災、交通事故防止や、普及率が上昇し続けている携帯電話、移動体通信など次世代の通信事業に有効活用することができます。

電波は、電波が届くところならどこでも音声やデータを受け取り、そして送ることができます。どんなに遠く離れた場所に住んでいても家族の声を聞くことが可能ですし、また世界中の情報を受け取ることできます。今の生活になくてはならない便利なものです。そのため、デジタル化に移行することで、限りある電波を守りつつも、情報社会をより安心に、便利にすることができます。

地上デジタル放送はいつから?

ここ最近よく耳にするようになった「地上デジタル放送」ですが、実は、電波法改正が行われた2年後の2003年12月より放送がスタートしていたのを知っていましたか?そのころは、関東、中京、近畿の一部でのみの開始だったため、受信可能な地域は限定されていました。しかし、それから徐々にその地域を拡大していき、現在ではほとんどの地域でデジタル放送を楽しむことができます。現在は、アナログ放送とデジタル放送が同時に行われているので、きっと、すでにデジタル放送を自宅のテレビで楽しんでいる人もいるのではないでしょうか?

2011年には、アナログ放送が終了してしまいます。そのため、デジタル放送へと完全移行となりますので、すべてのお宅でデジタル放送だけを受信することができるようになります。その放送を見るためには、いろいろと準備が必要ですが、本格的にスタートするのは2011年の7月24日のアナログ放送が完全廃止される日となります。

 

Favorite

東京都内の樹木葬を行う墓苑を紹介

2017/10/11 更新